ビジネス

ここでは、「ビジネス」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■フリーマーケット(ガレージセール)出店

アクセサリー販売でちょっとしたビジネスアイデアを思いついたので、まずはマーケッティング目的で今年の夏フリーマーケットに出店しました。


7月上旬の日差しとはいえハンパではなく、しっかりと日焼け止め対策をしていたにも関わらず焼けました。
今回はテスト出店ということで、本命であるアクセサリーの仕入れは抑え目にし、商品のバリエーションを増やして集客力を上げようと、友人や知人からいただいた古着や雑貨を中心に並べました。
事前に下見していた通り、会場の客層はファミリー層と学生が多く、男女比は4:6くらいでした。

実際に出店してみると、もしかしたら大阪のフリマの特徴なのかも知れませんが、未使用の新品であろうが、高価なブランド品であろうが、容赦なく買い叩かれる完全な買手市場です。特に今回参加した会場は約300ブースと規模が大きいためか、フリーマーケットに精通した常連のお客さんの来場が多く、値切り慣れている感じでした。

MBA理論の製品戦略の中に「当たり前品質要素(充足されれば当たり前、不充足で不満)」(参考:狩野モデル)というのがありますが、コレに近い「安くて当たり前」的な感覚ですね。

私の出品した定価約2万の新品タグ付きのDIESELジーンズさえ、5,000円でも買い手が付かないくらいでしたし、だいたい相場はどこも千円札でお釣りがくるくらいの値段設定で、それが昼過ぎには200円や100円になり、終了間際には出品者も持って帰るのが面倒なのか無料になったりします。
まあ、自分も客として行く時は、いつも値切り倒しますからねぇ。妻も店番の合間に、GAPのキレイ目のスプリングコートを200円で手に入れていましたし。

売り上げの方は、初めての出店にすれば上出来でしたが、肝心のアクセサリーの販売は芳しくありませんでした。今回はテスト販売が目的だったので、子供服や生活雑貨などをアクセサリーと混在させて販売してしまったのが原因です。店頭での商品の反応や売れ筋を見極めようと思っていたので、いくらアクセサリー以外の売り上げが良くても今回の結果では本末転倒です(苦笑)

恐らくメジャーなフリーマーケット会場よりも、大型の商業施設などのそばで催されている小さめの会場の方が、店舗でショッピング目的のお客さんが流れてくるため、 もう少し高めの単価で売れるのではと思います。
また小遣い稼ぎなら、フリーマーケットで格安で手に入れたブランド品などを、別のフリーマーケットやヤフオクで転売、あるいはリサイクルショップに持ち込むというのもアリかも知れませんね。

遅くなりましたが、販売する品々の提供や当日の差し入れ・応援・手伝いなど、今回の出店にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。



■レンタルボックス出品

11月から、ある大型商業施設の中にある店舗のレンタルスペースを借りて、そこでアクセサリー類をテスト販売しています。お店の中の商品棚の一部をレンタル契約して、そのスペースに自分の売りたい商品を並べて販売できるシステムです。


やはり最初は思うように売れず苦戦しましたが、店頭のPOPや飾り付けを試行錯誤するなど購買へ至るアプローチの方法を工夫するうちに徐々に売れ始めました。今はクリスマスシーズンということもあって、アクセサリーのほか、化粧品や時計などがコンスタントに売れています。

ターゲットの顧客層は10代半ばから20代前半の女性なのですが、商品の補充を兼ねて毎週店舗に通っているうち、商品の売れ行きから彼女達のシビアな購買傾向が掴めてきました。


いよいよ年始から、本命の携帯サイトによる販売を手掛けていこうと思います。
[アクセサリー販売とビジネスアイデア]の続きを読む
DSCF2205.jpg

 いつも車で通るたびにお客さんで溢れているパン屋さんがあり、なぜそんなに流行っているのか気になっていたのですが、先日その店を訪れる機会がありました。
 大阪の茨木市郊外にある『シャルドン』というパン屋さんで、ネットで調べるとなんと!早朝の4時から開いているらしく、休日の朝まだ眠そうな家族を起こして朝食を食べようと6時頃に行きましたが、駐車場はすでにいっぱいで店内にも人が溢れていました。

 やはりこれだけ繁盛している店は、安くておいしいことはもちろんですがお客さんを惹き付けるだけの明確な理由があります。

1. おいしい店は郊外にある
 先にビジネスありきではなく、パン好きの趣味が高じて店を開くパン作りに研究熱心なオーナーさんが多く、趣味の延長線上として、ビジネス街や駅前ではなくて郊外に店を構えるケースが多い。

2. 店員の接客
 忙しいのに常連さんにも初めてのお客さんにも非常に親切でフレンドリーな対応。焼きたてのパンやドリンクサービスの案内も適時なされており、テキパキと元気が良く対応に好感が持てる。

3. 商品の種類が豊富
 厳選された材料を使った限りなく無添加に近いパンを提供。カボチャのサンドイッチや炭竹あんぱんなど魅力的なパンがたくさんあり、一度では食べきれないので何度も訪れたくなる。
DSCF2205.jpg


4. オープンテラスのイート・イン
 無料でお替り自由のドリンクバーが設置され、コーヒーや紅茶、ココア、ミネラルウォーターなどが飲み放題。また雑誌類や新聞などが充実しており、センス良くガーデニングされたカフェスペースで季節の花木を楽しみながら、開放感のあるテラスでリラックスした時間を過ごす事ができる。
DSCF2205.jpg


5. 営業時間
 住宅地の中にあるので、早朝からの開店が地域のお客さんのライフスタイルにマッチし、その結果うまく地域に密着した店舗運営ができている。例えば子育てを終え、定年を迎えた層が朝から夫婦や友人同士で利用したり、ペットを繋いでおく事ができるため早朝の犬の散歩がてらに立ち寄る人も多い。

 繁盛している店というのは、例外なく「思わず人に教えたくなる店」「何度も通いたくなる店」です。
 いかにお客様に喜んでもらえるか?満足してもらえるか?それらの理念が浸透している店は、成功すべくして成功しているのでしょうね。

 最後にシャルドンの方にお願いしたい事がひとつ。
 最近の来客数に比べて店舗の駐車スペースが少ないため、店舗前の路上にできた車の列が周辺の交通に支障をきたしておりますので、お店のイメージを損なわない為にも早急な改善を望みます。


【2009年12月23日 追記】
 当ブログをご覧になったシャルドンの方よりメールをいただきました。
 渋滞の緩和と地域住民の方やお客様の安全確保のため、店舗周辺に警備員の配置と第二駐車場の増設をされたそうです。これでさらに安心して気軽にお店に寄れるようになりました。
 わざわざお知らせいただき、ありがとうございました。
[人気の出るお店の条件とは]の続きを読む
ASUSのミニノートPC『Eeepc901』を購入しました。
自宅の仕事場で作業しているとどうも気が散ってしまうので最初は外にオフィスを借りようと思っていたんですが、そうすると事務所賃借費以外にも光熱水料費、備品費など付随する経費が当然かかります。ならばノートパソコンをファミレスやファーストフード店などに持ち込んで仕事をしようと考え、気軽に持ち運びできるミニノートPCの購入に至りました。

最近は各メーカーから様々なタイプのミニノートPC(ネットブック)が発売されていますが、バッテリー駆動約8.3時間という他を圧倒する驚異的なスタミナと、記憶装置にHDDではなく振動や衝撃に強いSDDを搭載しているという点で、迷わずこの機種に決めました。

わずか6万円程度のパソコンとファーストフード店のコーヒー代だけでモバイルオフィス環境が整うんですから、便利な世の中になったものです。

早速、夕食後に『EeePC901』とEMOBILEのスマートフォン『EMONSTER(S11HT)』をマクドナルドに持ち込んでBluetoothで接続し、4時間ほど仕事をしました。ネット接続にはYahoo!無線LANスポット(Yahoo!プレミアム会員:月額210円、一般:月額525円)も一時検討しましたが、別に動画や大量のデータをやり取りするわけではないのでEMOBILE(通信速度:下り最大3.6Mbps)で充分でした。

顧客からの問合せや注文・入金確認、サイトの更新、商品説明文の作成や日英翻訳、ネット上での情報検索、事業アイデアの構想等に使う程度にはEeepcのスペックでも十分に事足ります。

PCに負荷のかかる作業や、容量の大きいアプリケーションを使った作業、画面の大きい方が効率的な画像編集などの作業は自宅のPCで済ますようにしています。当然ですが顧客リストなどの個人情報のデータの取り扱いに関しても自宅PCのみで行っています。

それにしても、EeePC901のバッテリーの持ちは素晴らしいですね。基本的にACアダプターを持ち歩く必要がありません。逆に、モデムとして使っているEMONSTERのバッテリーがイマイチなんですが、USBケーブルでEeePCと接続すればEeePCの本体から充電できるので欠点も解消されます。

マクドナルドはコンセントが自由に使えるので、パソコンを持ち込んでいる人が結構います。しかし携帯の充電目的で利用する学生達も多く、夜はコンセントを使える席の取り合いになります(笑)
だから電源の確保を気にせず、場所を選ばずに使えるEeePC901はかなり実用的で、これからも仕事に重宝しそうです。


■ メモリ無料アップグレードキャンペーンにつき、メモリ2GBが付いてくる!【送料無料】Eee PC901

さて話はそれますが、夜のマクドナルドには友達と談笑する人々や試験勉強をする学生グループなどに加えて、社会人の方が仕事や勉強している姿をよく見かけます。

世の中には常に自分を高める努力をしている人と、そうでない人がいます。

片や、通勤時間に本を読み、習い事に出かけ、時間を見つけて勉強し、ネットで情報を収集し、常に自己啓発を欠かさない人。

片や、家に帰って飯を食って酒を飲んでテレビを見て友達と世間話をしてネットをして寝るだけの生活をしてる人。

1年後、5年後、10年後…両者の間に生じる様々な格差を考えると、無為に日々を過ごすのが恐ろしくなります。自分は常に前者であり続けよう、プレミアムローストコーヒーを飲みながらそう思いました。
[EeePCとマクドナルドでモバイルオフィスを構築]の続きを読む
仕事や学業、あるいはその他のことにおいて物事を進めていく場合に、このPDCAサイクルというのが案外役に立ちます。

■Plan(計画):従来の実績や将来の予測などをもとにして業務計画を作成する。
■Do(実施・実行):計画に沿って業務を行う。
■Check(点検・評価):業務の実施が計画に沿っているかどうかを確認する。
■Act(処置・改善):実施が計画に沿っていない部分を調べて処置をする。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

要するに、計画を立てて、実行してみて、うまくいった点、いかなかった点を振り返ってチェックしてみて、見直す部分があれば改善し次につなげる。まあ誰もがおそらく無意識のうちに行っている行為ですが、一連のサイクルとして意識しておけば、特に「Check」と「Act」の部分の重要性が改めて認識できるのではないかと思います。

もちろん世の中には一度の失敗も許されない仕事、例えば人の命を預かる医療の現場などがありますので、あらかじめあらゆる観点からチェックをしてミスを未然に防ぐ「フィード・フォワード」という手法が採られるケースもあります。

学生の時に所属していた組織で私が教わったのは、確かPlan(計画する) Do(実行する) Think(再考する) Grow(成長する)だったと思うんですが、まあそれはそれで意味を為してますね(苦笑) 。子供達の成長をキャンプなどの野外活動を通じてフォローする社会教育のボランティア活動団体だったので、特に"Grow"の部分に重きをおいていたのかもしれません。

少し話は逸れますが、Think, Growといえばビジネス本として名高いナポレオン・ヒルの名著『思考は現実化する』の原題は "Think & Grow Rich"というんですよね。以前Amazonにて注文していた英語の原書が先日届いたので、最近仕事の合間に読んでいます。世界大恐慌直後の1930年に書かれた本ですが、現代でも十分読む価値があります。ただ80年近く前の著書なので、昨今の"The Japan Times"などの英字新聞よりもちょっと読みづらいですが。



というわけで、原書で"Think & Grow Rich"を読み進めるにあたり何か情報が欲しいなと思ってネットを検索していると、すばらしいサイトがありました。
http://www.sophy-ac.com/isshoniyomou/thinkandgrowrich/index.html
ビジネス洋書や自己啓発本を原書で読む際の手引きとなるサイトで、マスターマインディングに関しても詳しいです。
マインドマップを活用して、より理解を深めるという手法を採られています。

ナポレオン・ヒルは"Think(思考)"という表現を使っていますが、「私はできる」という強い意志の力、強い精神力には「不可能」を「可能」にするパワーが確かにあります。(余談ですが米民主党・大統領候補のバラク・オバマ氏も演説で"We can do it!"というメッセージををよく使いますね)
「できない」と思っていることは、多くの場合「やったことがない」だけか、もしくはそこまでの努力をしていないだけではないでしょうか。最終的に成功するのは 「私は必ずできる」と思っている人間なのだと思います。

達成したい具体的願望、そのための代償、最終期限、そして詳細な計画、以上の四点を紙に詳しく書くこと。そして、もうすでにその願望を実現したものと考え、そう自分に信じ込ませることが大切だとナポレオン・ヒルは述べています。

つまりまず明確な目標があり、何かを犠牲にしてでも叶えるという強い意志があって、それを実現させる為に必要なすべてのプロセスを思考し、実際に段階を踏んで期限までに具体的に行動に移し、最終的な目標を達成する。そういう事だと思います。

また、こうやってブログを書くことによって、自分の思考を書き出して整理し思考の軌跡として残すこともマスターマインディングの一種だと思うし、自分のポテンシャルを更に高めるためにも重要な習慣付けになるのかなと改めて思いました。
[PDCAサイクルとナポレオン・ヒル]の続きを読む
かつてオフィスにFAXが導入され始めた頃、海外の取引相手とも時差の関係を気にせずに連絡が取れるようになり、それまでの仕事のスタイルががらりと変化しました。

Skype(スカイプ)もまたFAXと同様、いやそれ以上にビジネスに革命を起こしつつあります。

ご存知、Skypeとは無料で世界中の人達と話ができるフリーのソフトウェアです。
http://www.skype.com/

複数での会話はもちろん、Webカメラを接続しテレビ電話機能を使えば、『ビデオ会議』が無料で簡単にできます。Skypeをインストールしたパソコンやモバイル端末同士なら、国内・海外を問わず世界中の相手とビジネスに必要なコミュニケーションが取れる訳です。

それらSkypeの特徴を利用したビジネスも現在数多く生まれており、少しネットで調べただけでもすでにこれだけのビジネスが存在します。
ビジネススカイプオンライン
Skypeビジネス英語研修
SOHOにSkypeを使う
DEAIPE(出会い系)

しかし現実に世界中の人を相手に取引をするためには、ビジネス会話をこなせるだけの語学力が欠かせません。
私のスカイプフレンドに英語、ドイツ語、韓国語、そして日本語が堪能な25歳のアメリカ人女性がいますが、初めてチャットをしている時にお互いどこに住んでいるのかという話になり、私がつい漢字で地名を書いたんですが彼女はちゃんと漢字の意味を理解してました。ひらがな、カタカナは読めても漢字が読めるとなると相当です。

英語は基本として、中国語や韓国語も是非習得したいなぁ…と思う今日このごろです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。