ドコモからソフトバンクへ

ここでは、「ドコモからソフトバンクへ」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
約12年間契約してきたドコモとついに決別し、家族3人でソフトバンクに乗り換えることにしました。

家族間通話だけでなくソフトバンク携帯同士の通話が無料なことも、家族3人分の携帯代を払っている自分にとってはかなり魅力的でした。

反面、DoCoMoは自社を支えてきた長期契約者へのサービスを渋り、結局は後追いばかり。同業者の打ち出す戦略に渋々追随する、その消極的なサービス展開にうんざりしました。
今回もドコモは、ソフトバンク、auに続いてようやく「家族間通話無料」を発表しましたが、そもそも他社のサービスに即時対応する戦略のオリジナルはソフトバンクですよね(苦笑)。しかもソフトバンクにはない契約解約金の「縛り」があるし。
「家族通話24時間無料」で損をするケース(All about記事より)を参照

それにソフトバンクのワンセグ対応の高性能機種が今、新規で実質0円というのに惹かれました。

早速ドコモに電話し、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)の予約番号を入手。
a. MNP手数料 2,100円×3台
b. いちねん割引解約金 3,150円×2台
家族3人分の解約で合計12,600円

まずは新聞の折込広告が入っていたA店へ。

MNPでの新規契約でWホワイトに加入すると「ipod shuffle 2GB」が、さらに家族2名加入で「DS Lite」が、3名加入では「Wii」がもれなくもらえるらしい。さすが年度末の決算時期、すごいサービスです(笑)

ただ狙っていた機種が品切れだったため他店も見たい旨を伝えると、店員さんが「おかえりなさいチケット」なるモノをくれました。もし再びA店に戻ってきて契約に至れば、追加でポイントが2,000円分付くそうです。

次に向かったのはヤマダ電機。

こちらはMNPでの新規契約で家族3名加入すれば、なんと70,000円分!のキャッシュバック(55,000ポイント+15,000円の商品券)があるとか。これで購入先はWii(25,000円相当)よりお得なヤマダ電機に決定!欲しかった機種もヤマダですべて揃いました。

ついでに、東芝の32型地上デジタルハイビジョン液晶テレビ「REGZA 32C3500」が86,500円(更に15%ポイント還元)だったので急遽買うことに。キャッシュバック分を差し引くと、32型の液晶テレビが実質3,500円ほどで購入可能です。

しかし売上高が業界2位のエディオンの2倍あるというヤマダ電機の価格競争力は、もはや圧倒的ですね。消費者としては今後も適正な価格競争が維持されるよう、他の家電販売各社の奮闘を切に望みます。

最後に、私と同じく他社からソフトバンク携帯への乗り換えに迷っている人へ。
とりあえず契約乗り換えにかかる費用は充分回収できますし、この決算時期にぜひ動いてみては?
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ksite.blog4.fc2.com/tb.php/75-6eb0a23e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。