ハワイ旅行 2013

ここでは、「ハワイ旅行 2013」 に関する記事を紹介しています。
2013年3月2-6日、ハワイのワイキキに滞在しました。
長女の所属している団体が、毎年3月に行われるホノルルフェスティバルに参加するということで、親も応援と称し別ツアーにて行ってきました。小5の娘には「私は遊びで行くんじゃない」と叱られましたが(苦笑)

各種イベント出演やリハーサル、パレード参加に忙しい子供を遠くで見守りながら、別ホテルで別行動の我々は夫婦で休暇を満喫しました。

CIMG0908.jpg
関空からハワイアン航空を利用、眼下には雲海が広がる。

CIMG0912.jpg
直行便で約6時間半、ホノルル空港に到着しワイキキへ。南国の街並み。

CIMG0921.jpg
子供達はハワイ・コンベンション・センターにてパフォーマンス。

CIMG0992.jpg
話題のEgg'n Thingsで朝食。人気のパンケーキとオムレツ。

CIMG1022.jpg

CIMG1026.jpg
早朝のワイキキビーチ。後方にダイヤモンドヘッドがそびえる。

CIMG1040.jpg

CIMG1042.jpg
ワイキキエリアはビーチとショッピング街が近いので便利。

CIMG1111.jpg

CIMG1113.jpg
グランドパレードの様子。子供達は栄誉あるオープニングパフォーマンスに参加。

CIMG1128.jpg

CIMG1129.jpg
夜のワイキキビーチに日米親善の長岡花火が打ち上がる。海外の旅行者からも大歓声。

CIMG1142.jpg

CIMG1143.jpg
オアフ島の名勝火山「ダイヤモンドヘッド」はトロリーバスから堪能(笑)

CIMG1208.jpg
ワイキキ空港着。右はJAL機で左がハワイアン航空の機体エアバスA330。帰りは偏西風の影響で関空まで約9時間半かかった。

限られた練習期間だったにも関わらず、本番ではみんな素晴らしいパフォーマンスを披露していて、少し胸が熱くなりました。いつもご指導いただいている先生方には本当に感謝の想いでいっぱいです。
子供達も本当にお疲れ様、そしてありがとう!




久しぶりのブログ更新なので、ハワイにあまり関係ない話も思いつくまま書きます。

アメリカで最も有名な成功哲学者の一人であるジム・ローンは「あなたの価値は、あなたが日頃一番長く時間をともに過ごしている5人の人の平均値である」と述べています。
過ごせる時間はさて置いても、学校以外のコミュニティで、国際経験豊かなダンス・歌唱・演劇のプロである大人達、生き生きと向上心のある仲間に囲まれ、娘にとって素晴らしい経験をさせてやれる環境に感謝です。

ハワイでは州法により、歩行者の信号無視や横断歩道外での横断(JAYWALKING)は旅行者であっても$130ドルの罰金が課せられます。また公共の場やホテル内は原則全面禁煙、ビーチや公園での飲酒も禁止です。あと公衆の前でヒステリックに子供を怒る親は虐待で通報されますし、12歳以下の子供をホテル等に一人にさせてもいけません。こういった慣習や法律面での厳格化は日本にも必要なのかもしれませんね。
行き帰りの機内では、小さい子のぐずる声にイライラと理解のない乗客もいましたが、正直大人でも長時間機内で過ごすのは苦痛ですからね(もちろん親の責任下での周囲への配慮は当然必要ですが)。目を合わせてニコニコしてあげましょう。ちなみにドイツでは2012年に「児童施設等から発生する子どもの声は騒音としない」という法律が成立しています。

その他、ハワイ州では歩行者の安全保護が徹底されていて、例えば施設内道路や脇道では横断歩道前で少し地面から盛り上がった黄色い停止線(バンプ)があり、車が自然と減速する仕掛けがされてあったり、歩行者がボタンを押さないと信号が変わらないようになっています。また歩行者が横断歩道に差し掛かったら、渡り切るまで車は一時停止しなければなりません。信号が変わる時も、左折レーンの信号がまず青になってから直進レーンの信号が青になるので交差点での事故防止に役立っています。

トロリーバスの現地ガイドの話も興味深かったので紹介します。

・ハワイ州では消費物資の約8割を州外からの供給に依存しているため物価が高い
・人口比は白人系3割、日系人とフィリピン系が各1.5割、その他アジア系4割
・観光客の割合は、米国本土からが7割、日本人が約2割、カナダその他で1割
・渋滞緩和のために西オアフからホノルルまで電車を通す計画がある
・ハワイの公共事業は「ようやく出来て、たいがい間違えていて、また一から作り直す」という手順を踏むため遅い
・一番盗難に遭うのはホンダ車。そのままでは当然島外に売れないのでバラされてパーツとして売り飛ばされる
・オバマ大統領はハワイ州出身で、ワイキキ近くにバイトしていたアイスクリーム屋さんがある
・アメリカの言論の自由は、混雑した映画館の中で偽って「火事だ」と叫ぶところまで
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ksite.blog4.fc2.com/tb.php/165-30807f1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック