水木しげるロードと鳥取砂丘

ここでは、「水木しげるロードと鳥取砂丘」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年4月9・10日、鳥取の米子市境港にある「水木しげるロード」を訪れました。
昨年のNHKの連ドラ「ゲゲゲの女房」で注目され、近年非常に賑わっている観光地でもあります。
自分的には今更という感じで興味もあまりなかったのですが、訪れた友人たちが皆絶賛する上、家族のリクエストもあり高速料金の土日祝日1000円上限を利用して行ってきました。

中国自動車道を西へ、落合JCTにて米子自動車道に入り、右手に大山を見ながら米子ICで降りて境港へ4時間弱で到着。

JR境港駅と妖怪ブロンズ像

JR境港駅前にて子ども達にスタンプラリー用の冊子「妖怪ガイドブック」(これがよく出来ている)を買い、「水木しげるロード」となっている境港商店街周辺を散策している内にテンションが上がってきました。
これは楽しい!商店街全体が老若男女まで楽しめる一種のテーマパークになっているんですね。

水木しげるロードの街並み
 
地方の観光名所として、これほど成功している要因は何なのでしょうか。

1、魅力的で多彩なキャラクター
 水木先生によって生み出されたキャラクター造形は一体一体が魅力的。まさに妖怪が住み着いていそうな時代を感じさせる漁村の街並み。「ゲゲゲの鬼太郎」は、ポケモンのような多数の登場キャラクターで展開されるビジネス戦略の元祖。
後に名探偵コナンで有名な青山剛昌先生のふるさとにある「コナンロード」にも寄りましたが、ほぼコナン君の銅像しかなく少しさびしい雰囲気でした。

2、妖怪のオブジェがよくできている
 ブロンズ像が盗難に遭うほど本当によく出来ていて、あちこちで出会う度に夢中で写真を撮りました。これは一見当たり前のように思えてとても重要なファクター。

3、グッズが豊富で店が個性的
 キャラクターをかたどったボトルの焼酎や日本酒など大人の収集心をくすぐられる。売り切れているキャラクターのボトルを揃える為にわざわざ再訪する知り合いもいました。他にも目玉おやじをかたどった串団子は両眼分マストバイでしょう!

め、目玉おやじが

どのお店もつい覗いてしまう駄菓子屋さんのイメージに近く、大人には懐かしく子供には新鮮。鬼太郎の下駄屋さんやガマ口財布の店、妖怪の消印が付いて届く「妖怪ポスト」などバラエティーに富んでいてどれも一見の価値あり。

妖怪がま口財布

4、程よい広さの距離内にスポットが凝縮されている
 全長約800メートルの商店街に見所が収まっており、バスツアーで来た人でも限られた散策時間内に一通り見れる。寂れた店や朽ち果てた家がそのまま「水木しげるロード」の風景の一部になっていました。

5、口コミ効果
 当初は関西から4時間もかけて行く価値があるのか半信半疑だった私も、他人に薦めたくなるほどすっかり「水木しげるロード」の虜に。

鬼太郎まぐろラーメン


その後、日本海沿いに山陰道を東へ、「コナンロード」のある北栄町で少し散策し、三朝温泉や東郷池を通過、鳥取市内のホテルで一泊。

二日目は鳥取砂丘に立ち寄りました。
修学旅行でこの砂丘を見て感動し、いつか自分の子どもたちにも見せてやりたいと思っていた風景。
雄大に広がる砂丘に大の字に寝そべると、日常の悩みやトラブルもバカバカしくなってきます。

鳥取砂丘

しかし砂上では当然のことながらベビーカーは使えず、1歳半の砂まみれの末娘を抱えて海岸までの急な道のりを往復。誤算でした(笑)
昼食は口コミで評判のお店、鯛喜(たいき)さんのボリュームたっぷり海鮮丼をいただきました。

鯛喜さんの海鮮丼


帰りは鳥取バイパスを経て鳥取自動車道に乗り、途中で宮本武蔵の里に寄り、佐用JCTで中国自動車道へ乗り継ぎ帰路へ。

残念ながら6月19日で高速道の週末1000円制度は終わってしまいますが、まだ行かれたことのない方には「水木しげるロード」と「鳥取砂丘」、ともに是非おすすめしたいスポットです。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ksite.blog4.fc2.com/tb.php/161-41e40cd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。