「原因」と「結果」の法則 - ジェームス・アレン

ここでは、「「原因」と「結果」の法則 - ジェームス・アレン」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 イギリスの哲学者で作家のジェームス・アレンによって、一世紀以上も前の1902年に書かれた本(原書タイトルは『AS A MAN THINKETH』)です。
 最近ではコンビニの本棚にも並んでいるので、手に取って読まれた方も多いのではないでしょうか。
 自己啓発書としては古典ですが、人の目指すべき姿がシンプルな表現で書かれており、入門書としては最適です。

「原因」と「結果」の法則/サンマーク出版



以下は個人的覚え書きです。

『私たちは心の中で考えたとおりの人間になります。
私たちを取りまく環境は、真の私たち自身を映し出す鏡にほかなりません。』


自分こそが自分の人生の創り手である。
心の中の思いが、私たちを創っている。
私たちは、自分の思いによって創り上げられている。

私たちは、自分自身の思いによって、自分をすばらしい人間に創りあげることもできれば、破壊してしまうこともできます。


『自分の心をしっかりと管理し、人格の向上に努めている人たちは、「環境は思いから生まれるものである」ということを熟知しています。』

私たちは、自分を環境の産物だと信じているかぎり、環境によって打ちのめされる運命にあります。

人間は自分の思いの主人です。

人々の多くは、環境を改善することには、とても意欲的ですが、自分自身を改善することには、ひどく消極的です。
かれらがいつになっても環境を改善できないでいる理由が、ここにあります。

自分自身を意欲的に改善しようとする人間は、明確に設定した目標の達成に、けっして失敗することがありません。

私たちは、自分の環境を直接はコントロールできないかもしれません。
でも、自分の思いは完璧にコントロールできます。
よって、私たちは間接的に、しかし明らかに、自分の環境をコントロールすることができます。


『きれいな思いは、きれいな習慣を創りだします。』

悪意、羨望、怒り、不安、失望は、肉体から健康と美しさを奪い去ります。
憂鬱な顔は偶然の産物ではありません。それは憂鬱な心によって創られます。

悪意、皮肉、疑い、羨望などで心を満たしつづけているとき、人間は、みずから創りあげた牢獄のなかに、みずからを閉じこめているようなものです。

いっぽう、つねに愛に満ちた思いをめぐらしながら、あらゆる人に好意を抱き、あらゆる人と楽しく接し、忍耐をもってあらゆる人のなかに良いものを探しつづけることは、天国への王道です。


『人間を目標に向かわせるパワーは、「自分はそれを達成できる」という信念から生まれます。
疑いや恐れは、その信念にとって最大の敵です。』


私たちは、人生の目標をもたないとき、つまらないことで思い悩んで、よけいな苦悩を背負ってみたり、ちょっとした失敗ですぐに絶望してしまう傾向にあります。

人間は、理にかなった人生の目標を心に抱き、その達成を目指すべきです。
それによって私たちは、集中力と自分をコントロールする能力を磨くことにもなります。
自分をコントロールする能力を磨くことこそが、自分を強化する最善の策なのです。

疑いや恐れは、いかなる達成にも役立ちません。

私たちの思いは、目標と勇敢に結びついたとき、創造のパワーになります。
この知識を実行に移すことで、人間は、自分の心のパワーを、意識的、知的に利用しはじめることになります。


『人間は、もし成功をめざすならば、自分の欲望のかなりの部分を犠牲にしなくてはならないのです。
私たちは、犠牲を払うことなくしては、いかなる進歩も成功も望めません。』


自分の欲望を優先させる人間は、明晰な思いもめぐらせず、秩序だった計画も立てられません。
自分の真の能力を発見することも開発することもできず、何を試みても失敗するでしょう。

私たちは、犠牲を払うことなくしては、いかなる進歩も成功も望めません。
私たちの成功は、私たちがその達成をどれだけ強く決意し、その計画の上にいかに強く心を固定するかに加えて、自分の欲望をどれだけ犠牲にできるかにかかっています。

成功を手にできないでいる人たちは、自分の欲望をまったく犠牲にしていない人たちです。


『気高い夢を見ることです。
あなたは、あなたが夢見た人間になるでしょう。』


理想を抱くことです。そのビジョンを見つづけることです。
あなたの心を最高にワクワクさせるもの、あなたの心に美しく響くもの、あなたが心から愛することができるものを、しっかりと胸に抱くことです。

人間が達成するあらゆる成功が努力の結果です。
そして、努力の大きさによって結果の大小が決定します。
そこにはいかなる偶然も介在しません。


『穏やかな心は、自己コントロールの長く粘り強い努力の結果です。
人間は、自分が思いによって創られた存在であるということを理解すればするほど、より穏やかになります。』


穏やかな人間は、自分自身を正しくコントロールすることのできる人であり、自分自身をほかの人たちに容易に順応させられます。

人間は、穏やかになればなるほど、より大きな成功、より大きな影響力、より大きな権威を手にできます。
なぜならば、人々はつねに、冷静で穏やかにふるまう人間との関わりを好むものであるからです。


この上なく穏やかな心は、この上なく強い心です。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ksite.blog4.fc2.com/tb.php/126-8f5870d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。