ブックオフの意外な利用法「せどり」?

ここでは、「ブックオフの意外な利用法「せどり」?」 に関する記事を紹介しています。
最近、ブックオフの100円コーナーで中古本を漁るのにハマっています。狙うのは、もっぱらビジネス書や自己啓発書、語学、資格関係などの実用書です。

先日は今勉強中のBATIC(国際会計検定)の定価4800円のテキストを、少し古い年度の物ですが100円で手に入れました。早速アマゾンのマーケットプレイスを使って相場を調べると、本のコンディションにもよりますが中古で1800円くらいで売られていて驚きました。

元々は、興味ある本をすべて新刊で買うには値が張るし、図書館で何冊か借りても全部読む時間のないまま返却期限が来たりして困っていたため、ブックオフを利用するようになったのですが、100円コーナーには結構値打ちのある本も埋もれているので、いわゆる「せどり」の仕入れにも最適です。

※ちなみに「せどり」とは、簡単に説明すると、古本屋等で安く本を買った後、その本を買値より高く売って利ざやを稼ぐことです。副収入やお小遣い稼ぎに興味のある方は、「せどり」で検索して調べてみてください。

オークファン(http://aucfan.com)」というサイトを利用すれば、オークションでの中古本の落札相場を効率よく調べることができます。ヤフオクやモバオクなどで複数のマーケットでの相場が一括して比較できるので非常に便利です。

また、携帯電話からそれぞれの書籍に割り振られている「ISBNコード」を入力するだけで、アマゾンのマーケットプレイスでの相場を調べることができる「せどり携帯サーチ(http://linuxstandard.net)」も便利です。

ネットビジネスに敏感な人には、どちらも定番のサイトですね。

もちろん、どんなジャンルの本でも高く売れる訳ではありませんし、特にベストセラー本などは中古本市場に数多く出回っているため、例え転売しても利益は望めません。

しかし、例えば一部の人たちが必要とするような専門書や特別な資格関連の本は、万人向けでないため店頭での買い取り価格は低めですが、ネットオークションを利用すれば、全国の潜在需要をターゲットにできるため、相場が上がります。なぜなら、あまり一般に流通していないそれらの分野の本は、近所の古本屋さんを探しても在庫があるとは限りませんから。

前述の国際会計やBATICの書籍自体も、まだまだ一般的ではなく需要が少ないためか、都市部の大きな本屋さんにしか見かけませんので、ネット上では高値で取引されているようです。しかも元々テキストの値段が高いですからね。

また、「せどり」に利用するオークションサイト、
ヤフーオークション
Amazon マーケットプレイス
にはそれぞれ一長一短があります。
例えばヤフオクはマンガやDVD-BOXなどの全巻セット売りが可能ですし、マーケットプレイスは出品時にアマゾンの商品画像がそのまま使えるので、いちいち写真を用意せずに済みます。
もし「せどり」を始めたいという人がいれば、両サイトの特徴をうまく使い分けるといいでしょう。

今は趣味で売っている程度ですが、私の場合は古物商の免許を持っていて本やDVD、CDなど直接顧客との買取り・販売ができるので、他のアイデアと組み合わせて何か新たなビジネスができないか、BATICの勉強をしながら考えているところです(笑)
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ksite.blog4.fc2.com/tb.php/116-86411142
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック