アクセサリー販売とビジネスアイデア

ここでは、「アクセサリー販売とビジネスアイデア」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■フリーマーケット(ガレージセール)出店

アクセサリー販売でちょっとしたビジネスアイデアを思いついたので、まずはマーケッティング目的で今年の夏フリーマーケットに出店しました。


7月上旬の日差しとはいえハンパではなく、しっかりと日焼け止め対策をしていたにも関わらず焼けました。
今回はテスト出店ということで、本命であるアクセサリーの仕入れは抑え目にし、商品のバリエーションを増やして集客力を上げようと、友人や知人からいただいた古着や雑貨を中心に並べました。
事前に下見していた通り、会場の客層はファミリー層と学生が多く、男女比は4:6くらいでした。

実際に出店してみると、もしかしたら大阪のフリマの特徴なのかも知れませんが、未使用の新品であろうが、高価なブランド品であろうが、容赦なく買い叩かれる完全な買手市場です。特に今回参加した会場は約300ブースと規模が大きいためか、フリーマーケットに精通した常連のお客さんの来場が多く、値切り慣れている感じでした。

MBA理論の製品戦略の中に「当たり前品質要素(充足されれば当たり前、不充足で不満)」(参考:狩野モデル)というのがありますが、コレに近い「安くて当たり前」的な感覚ですね。

私の出品した定価約2万の新品タグ付きのDIESELジーンズさえ、5,000円でも買い手が付かないくらいでしたし、だいたい相場はどこも千円札でお釣りがくるくらいの値段設定で、それが昼過ぎには200円や100円になり、終了間際には出品者も持って帰るのが面倒なのか無料になったりします。
まあ、自分も客として行く時は、いつも値切り倒しますからねぇ。妻も店番の合間に、GAPのキレイ目のスプリングコートを200円で手に入れていましたし。

売り上げの方は、初めての出店にすれば上出来でしたが、肝心のアクセサリーの販売は芳しくありませんでした。今回はテスト販売が目的だったので、子供服や生活雑貨などをアクセサリーと混在させて販売してしまったのが原因です。店頭での商品の反応や売れ筋を見極めようと思っていたので、いくらアクセサリー以外の売り上げが良くても今回の結果では本末転倒です(苦笑)

恐らくメジャーなフリーマーケット会場よりも、大型の商業施設などのそばで催されている小さめの会場の方が、店舗でショッピング目的のお客さんが流れてくるため、 もう少し高めの単価で売れるのではと思います。
また小遣い稼ぎなら、フリーマーケットで格安で手に入れたブランド品などを、別のフリーマーケットやヤフオクで転売、あるいはリサイクルショップに持ち込むというのもアリかも知れませんね。

遅くなりましたが、販売する品々の提供や当日の差し入れ・応援・手伝いなど、今回の出店にご協力いただいた皆様、ありがとうございました。



■レンタルボックス出品

11月から、ある大型商業施設の中にある店舗のレンタルスペースを借りて、そこでアクセサリー類をテスト販売しています。お店の中の商品棚の一部をレンタル契約して、そのスペースに自分の売りたい商品を並べて販売できるシステムです。


やはり最初は思うように売れず苦戦しましたが、店頭のPOPや飾り付けを試行錯誤するなど購買へ至るアプローチの方法を工夫するうちに徐々に売れ始めました。今はクリスマスシーズンということもあって、アクセサリーのほか、化粧品や時計などがコンスタントに売れています。

ターゲットの顧客層は10代半ばから20代前半の女性なのですが、商品の補充を兼ねて毎週店舗に通っているうち、商品の売れ行きから彼女達のシビアな購買傾向が掴めてきました。


いよいよ年始から、本命の携帯サイトによる販売を手掛けていこうと思います。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ksite.blog4.fc2.com/tb.php/107-2bcbeae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。