秋冬野菜の栽培

ここでは、「秋冬野菜の栽培」 に関する記事を紹介しています。
今年の夏は、7月から始めた家庭菜園で採れた無農薬野菜を堪能しました。ナス、ミニトマト、枝豆、オクラなど、いずれも初めてにしては上出来で、子供も喜んで食べてくれました。

特に畑で栽培した採れたての枝豆は、味も濃くほのかに甘みもあって冷凍された市販の枝豆とは全く違いました。ビール好きの私にとっては最高のつまみになり、茹でたてを夢中で食べていたのですが、しばらくしてサヤと豆の間に白くて小さい虫を発見。カメムシかダイズサヤムシの幼虫?まあ、知らずに食べた分は仕方がないので、良質のたんぱく質だと思うことにしました(笑)。残りの枝豆はすべて一度サヤから出してチェックしましたけどね。

毎週通っている英会話スクールでその話をし、今度皆におすそ分けをしようかと話したらニュージーランド人の先生は「菜食主義者だから虫入りは遠慮する」と苦笑いしてました。

さて話は変わりますが、今日は畑を耕して小石などを取り除き、畝(うね)を作り、石灰を散布しました。夏場には気が付かなかったのですが、私達がお借りしている場所は地主さんの言われたとおり少々水はけが悪く粘土質の土壌なので(まあ、だからこそ破格の安さで借りられたんですが)、土質を改良する為に腐葉土をすき込み少し高畝にしました。その後、新たに大根やホウレン草、キャベツ、白菜などを植えてみました。収穫が今から楽しみです。

【生い茂ったサツマイモの葉。11月には収穫できる】

※2008年10月現在、畑の手前から、サツマイモ(鳴門金時と紅アズマ)、青じそ(大葉)、20日大根、ほうれん草、大根、茄子、オクラ、落花生、キャベツ、白菜、モロヘイヤ、つるむらさき、里芋
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ksite.blog4.fc2.com/tb.php/101-259edb80
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック