関西在住の雑貨店主が「心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつく」ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
…なんかPHP文庫のタイトルみたいですみません。

関西ローカルですが、朝日放送『LIFE~夢のカタチ~(さすらいのうどん職人 竹原友徳さん 10月30日放送)』を見ました。
http://asahi.co.jp/life/backnum/101030.html

うどん好きが高じて香川県の有名うどん店で修業をつまれた後、2年間かけて日本全国を武者修行で回り、故郷の京都府・綾部で手打ちうどん店を開店された若きうどん職人さんのお話でした。

番組では、笑顔が素敵な店主の素朴な人柄に魅かれて集まってくるお客さんや支援者の方との温かいエピソードが紹介されていました。

建築経験一切なしのご主人が、店までも手作りにこだわり、ほぼ一から自分の手で新店舗を作り上げていく訳ですが、その過程で奥さまや友人や土壁塗りのボランティアの方などの助けを得て、しだいに「手作りの店舗」というご主人の夢が共有され、関わった人々みんなの夢になっていきます。

人生における「人とのかかわり」とは、大切でかけがえのない、その人間のキャリアなんですよね。

そして迎えたオープンの日、完成したばかりの店で、武者修行時代に知り合われた美人の奥さま(益子焼の陶芸家さんらしい)と、たくさんの方々に祝福されながら“結婚うどん披露宴”を開かれました。決して好立地とはいえない場所にありながら、新しいお店は大繁盛の様子でした。

ご主人がそれまでの人生で関わってきた様々な人や、店舗作りを見守ってこられた地域の方、手作りの店のうわさに興味を持たれた方、オープンを兼ねた“結婚うどん披露宴”のインパクト、ネット上での話題、地元のクチコミ、評判を聞きつけたテレビ局の取材、番組を見て店主のこだわりに好感を持った視聴者、またその感想をSNSやブログで伝える者。

ご主人のモノ作りに対する姿勢に起因する、すべての要素が評判を呼び集客へとつながる訳です。

それはビジネススクールでMBAを取得したからって出来ない、別次元の成功軸なんでしょう。

人材派遣業のパソナでは、内定をもらえなかった大卒未就労者を対象に、社会人に求められるコミュニケーション能力を徹底的に身につける研修プログラムを取り入れ、話題になっていました。

まず採用担当者や上司に好感をもたれるコミュニケーション・テクニックを身につけるというのは順序が違うというか、失敗しないことを前提に最適解の決められた研修を受けた“優秀な”人間って生き残れるんですかね。もちろん一定の常識やビジネスマナーは必要ですが、何がやりたいのかわからない、自分の強みがわからないことこそが根っこの問題なのでは。
「100社受けましたがすべて落ちました。しかしそれで自分に足りないものが何か気づきました!」っていう学生のほうがまだ将来の“のびしろ”を感じます。

デンマークの思想家・キルケゴールは「自らの挫折の中に信仰を持つ者は、自らの勝利を見出す」と述べています。

何かを成し得るためには、やれるかどうかを理論や法則や過去の事例から考えるだけではなく、例え困難な状況下でもやりたいことをやり抜く熱意と実直さと継続力もまた大切なアビリティですね。

『竹松うどん店』、ぜひ一度訪れてみたいです。

京都府綾部市志賀郷町儀市前13(舞鶴若狭自動車道「綾部IC」より車で10分)
11時から15時まで(売り切れ次第終了)
定休日は7と8がつく日(7,8,17,18,27,28日)
※変更される場合があります
[成功を呼び寄せる人]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。