関西在住の雑貨店主が「心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつく」ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が街にもようやく図書館のインターネット検索システムが導入されたので、さっそく利用手続きを済ませてきました。

窓口で貸出券番号とパスワードを設定するだけで、市内の各図書館にまたがる蔵書検索や貸出予約などがネット上から利用できるようになり、飛躍的に便利になりました。

図書館をうまく利用できれば、自宅の本や雑誌類をむやみに増やさずに済みますし、毎月の書籍代を抑えることもできます。
すぐに手に入れたい本はアマゾン楽天ブックス、あるいはヤフオクで購入し、ちょっとした資料など手元に残しておく必要がないものは図書館で借りれば十分事足ります。必要に応じて再度借りることもできますし。
また最近ではCDやDVD、漫画や雑誌、児童本なども貸出利用できるので家族で重宝します。

ただ、検索や予約が容易になった分、当然利用者や利用回数は増えており、蔵書数と貸出期間の関係上待たされることもあります。

ともあれ、地域における市民サービスの一環として膨大な知識や情報が無料で利用できる図書館の果たす役割は大きいですし、ネット上での蔵書検索・予約や最寄駅での受取りなどのインフラが整うのは利用者にとって大歓迎です。

早速、「考える技術・書く技術」「ブルー・オーシャン戦略」「経営学」「イノベーションのジレンマ」「サッカーの見方は1日で変えられる」「AERA English」「TOEICテスト新公式問題集」「ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理」「チョコレートの真実」「もしドラ」などをネットで貸出予約しておきました。

ネット検索や予約を使えば、わざわざ図書館に足を運んでも貸出中などといった「時間損失」を防げるので、積極的に活用しない手はありません。
行政には今回のような市民生活の向上に直結するサービスをこれからも期待します。


ちなみに私の場合、読みたい本は「Evernote」にメモしておき、読み終えると印象に残った内容を書きとめ、次に、考えさせられたことや自分の生活にフィードバックさせたいことを記すようにしています。

どれだけ優れた本に巡り合っても、読後に自分が変わらなければ(もしくは実行できなければ)意味がないですから。


余談ですが、MBA理論の中に「選択と集中」という概念があります。「トレードオフ(やらないことを決める)」と同じく、有限である資源や時間をターゲットを定めて集中させることで最大の成果を得る方法です。

ある仕事の立ち上げに専念するため、しばらく意図的に勉強の時間を取らなかったので、せっかく身に付いていた「勉強ぐせ」が消えてしまいました。最近ようやく資格取得等の勉強を再開させたのですが、以前より集中力が落ちており、思うようにはかどらないのが苦痛で苦痛で(笑)、感覚を取り戻すまでしばらく苦戦しそうです。

【関連記事】
ブックオフの意外な利用法「せどり」?
[図書館の有効活用]の続きを読む
スポンサーサイト
このところの民主党代表選を前にした鳩山前首相の軽はずみな発言に憤りを感じます。
「小沢氏を応援するのが大義だ」
「管首相の政策に友愛政治が見えない」

「政治とカネ」の問題や普天間基地移設案での迷走で、小沢幹事長を道連れにして引責辞任。
自分が総理のケツ割って管氏に尻ぬぐいをさせておいて、3カ月もたたないうちに公然と小沢氏を支持するとは、開いた口がふさがりません。

2009年の衆院総選挙で民主党を大勝させ政権政党へのきっかけを作り、鳩山首相の誕生に大きな役割を担った小沢氏に恩義を感じているようですが、その「鳩の恩返し」は小沢氏への個人的な恩義に過ぎず、今回の鳩山前首相の軽率な行動は悪戯に政局を混乱させてるだけで大義でも何でもありません。

そもそも、大義とか筋とか言いだす人間は思考停止してます。
困難な状況下でも的確に判断を下し、その都度ベスト(あるいはモアベター)な解決方法を責任を持って導き出すべきでしょう。
友愛も個人の信条としては大いに結構ですが、政治に友愛を持ち出すと国民感情に配慮し過ぎる結果、国家の大局を見据えた果敢な決断が出来なくなります。だから鳩山内閣は普天間基地問題のようにいちいち世論や住民感情に振り回されて、失敗や迷走を繰り返したんです。国民全員を納得させる政策など存在しません。

今回の民主党代表選を通じた実質上の首相選びは、日本を導くリーダーとしての資質をはかる上で必要な過程だと思います。小沢氏の出馬で管首相の目の色もようやく変わってきましたし。「石にかじりついてでもやる」という信念と意志と説得力と具体的な構想がなく、ノープランで消費税増税を唱えた管首相に「増税止むなし」となりかけた世論も失望した結果、2010年の参院選で惨敗したわけですから。
 
景気失速の懸念があるかもしれませんが、消費税増税と行政の無駄削減はどちらか一方ではなく、待ったなしで同時にやるべきです。これ以上財政再建を先送りにすると、若い世代の未来への不安感から少子化は更に進んで国内市場は縮小、消費が落ち込み日本の経済成長は望めません。また、みんなの党の渡辺代表の唱える「名目4%成長で消費税据え置き」では、少子高齢化の人口減による税収の減少などの視点が欠けており不十分です。

一方、政治は数の論理だという現実を誰よりも熟知している小沢氏の場合、政権を握った後ねじれ国会をどう立ち回るのか興味はあります。ただ前提として「政治とカネ」問題がクリアにならない限り、野党の追及で国会自体が機能しないでしょう。
また衆院選での勝利は、国民が民主党のマニフェストを支持したのではなく、ただ自民党に愛想を尽かしただけだという事実を忘れているのでしょうか。この期に及んで「マニフェストは守る」「消費税は引き上げない」「子ども手当は満額支給」とか言ってます。
票獲りや政局ばかりを意識した小沢氏の、国民を惑わす佞言(ねいげん)は断つべしです。

冒頭の話から随分逸れましたが、ともかく今回の代表選が終わるまで鳩山さんにはこれ以上「ハト」のように首を突っ込まないで欲しいですね。

【関連記事】
これからの時代を生き残るためには
個人金融資産 50歳以上の世代が8割を占める
民主党の混乱と小沢氏への不満
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。