関西在住の雑貨店主が「心に移りゆくよしなし事を、そこはかとなく書きつく」ります。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 2009年7月1日の読売新聞によると、足腰の骨や筋肉が弱って将来介護が必要になる運動器の障害を抱えている人が、50歳代以上で8割を超えることが東大の調査でわかったそうです。

 介護が必要になる主な要因は「変形性ひざ関節症」「変形性腰椎(ようつい)症」「骨粗しょう症」の3つで、その内50歳以上でいずれかの疾患と診断された人が87%、70歳代では96%にも達しています。また50歳以上で2つ以上の症状を抱えている人も51%います。
 そのような将来の介護状態を予防するためには、下半身の筋力を維持するための片足立ちやスクワットが効果的だそうです。

 日本人の平均寿命は年々伸び続け、平成19年の簡易生命表によると男性が79.19歳、女性が85.99歳でここ数年間世界一の長寿国家となっています。しかし高齢者が増える一方で出生率は減少傾向にあるため、世界でも類をみないほどのスピードで高齢化が進んでおり、日本の人口も2006年を境に減ってきています。

 介護を受ける高齢者人口が増えるとともに介護に従事する世代の人口は減り続けているわけで、介護にかかる費用負担と人的負担がこれからの世代に重くのしかかってきます。
 2015年には4人に1人、2050年には3人に1人が65歳以上の高齢者になるといわれていますし、65歳の高齢者が90歳の親を介護するなど、高齢者が高齢者を介護する時代になりつつあります。
 また公的年金の負担額でみても、2004年度には高齢者1人の年金を支えるのに必要な現役世代の人数が3人を割っています。
 
 「昔と比べて長生きできるようになった」というのはむろん日本人にとって喜ばしいことですが、それには高齢者の増加を社会や地域全体で受け入れることのできる制度作りや準備が土台として必要です。

 少子化が進む中で介護分野の仕事やそれに携わる人間が増えれば、必然的にそれ以外の、例えば生産や製造などの産業やサービスに関わる人間の比率が下がります。また人口が減り始めると、現在に比べ消費は減るので国内市場は小さくなり、雇用も減少するため日本のGDP(国内総生産)は徐々に縮小して税収が減ります。今年2009年には、内需拡大で成長を続ける中国に「アメリカに次ぐGDP世界第2位」の座を明け渡すことが確実ですし、インドに抜かれる日もそう遠くはありません。

 その結果、国家が豊富な税収で国民に充実した社会保障を約束する「大きな政府」「大きな社会保障」では日本を維持できなくなります。将来は国民一人一人が自己責任で生きる、すなわち国からは最低限の医療保障や介護保障、年金を受けるのみで、後は個人で病気や介護状態にならないよう健康を管理し、自分で老後必要になる年金を準備することが求められるような時代になります。

 もし日本が現在の国力を維持しつつ介護の人的問題(人件費含む)を解決するなら、アジアの近隣諸国などから介護に従事する外国人労働者を受け入れるしかないでしょう。
 または、貯蓄の少ない高齢者は物価の安い国に移住して老後を迎える、身寄りのない高齢者は海外の介護施設で現地の人間に老後をみてもらう、そんな日がやって来ないとも限りません。

 そう考えると、将来に備えて消費を抑制し、自己責任で老後のために資産をプールしておこうという傾向にますます拍車がかかります。先日書いた記事『個人金融資産 50歳以上の世代が8割を占める』の中で高齢者への資産の偏重の話に触れましたが、日本の将来への不安、老後の不安要素がこれだけあると、自分の将来の為に備蓄する人が多いのは当り前のことですね。

 政府は来るべき超高齢化社会に対して、早急にガイドラインを作成し国民に示すべきだと思います。
 高齢者に出来るだけ長く健康かつ現役でいていただいて、そして社会の中での役割分担を求めるような施策を考えなければなりません。
 日本にとって、戦後の復興を導いた高齢者の経験や知識、知恵は、多くの点において貴重で大切な宝のはずです。
 その高齢者の力を借り、例えば心身ともに元気な高齢者には地域の中で育児支援をお願いし、若い世代が安心して仕事や子育てに取り組めるなど、国民が日本の未来に希望が持てるような社会作りが求められているのではないでしょうか。

 また、介護の問題は現在の若い世代にとっても他人事ではありません。なぜなら人はいずれ必ず老いるわけですから。
 小さい頃には川まで水を汲みに行ったり薪を割ったりすることが日課で、十数キロ離れた小学校に毎日歩いて通ったような今のお年寄りでさえ年には勝てず足腰が弱ってきているわけですから、昔の人に比べて体を使わなくなった世代の老後は若い内から健康管理をしておかないともっと悲惨な状況になるでしょう。

 節制なしに好き勝手に食べて飲んで太ってメタボな体形になってる場合ではありません。おデブな人には将来重量税がかかるかもしれませんよ?
 嗜好品の類で健康を毀損(きそん)する恐れのあるモノ、例えばタバコやアルコール類などは国民の健康管理の面からももう少し税率を上げてもよいのかもしれませんね。

 これからは国民ひとりひとりが適度な運動と適切な食事を心掛け、将来の病気や介護などのリスクを軽減させ、自分達や未来の世代が負担する医療費と介護費の増大を抑制していく努力が求められます。

 その上で今からしっかりと自分達のライフプランを考え、老後への準備をしておかなければなりません。
 将来介護が必要になった場合誰に診てもらうのか、自分でお金を払って施設に入るのか。
 特に現在配偶者がいない(もしくは結婚予定のない)、子供など将来頼れる身内のいない人は、自分自身の老後について真剣に考えておく必要がありそうです。

 いずれにせよ、周りから頼られるような知識や知恵や経験があり、年少者に対しても謙虚で、常に向上心を持ち、社会活動に積極的に参加し、明るく健康的な「社会から必要とされ、尊敬され、愛されるお年寄り」になれるよう年を重ねたいですね。
[50歳以上の8割、将来介護が必要に]の続きを読む
スポンサーサイト
 少し前にニュースやブログなど様々な媒体で取り上げられていた話題なので、すでにご存知の方も多いと思います。

 第一生命経済研究所が、2005年7月5日にまとめたレポートだ。それによると、04年度末の個人金融資産約1400兆円のうち、30歳代以下は1割にも満たない。ほとんどが中高年で、うち5割強を60歳以上が占めている。団塊世代を含む50歳以上だと、8割にも達するのだ。現在は、資産総額が1500兆円に増えているが、こうした傾向は変わらないという。
 (2009年02月07日 『おカネあるのに使わない高齢者 それが若者の低賃金を生む』 J-CASTニュースより)



 最近は、お酒を飲まない、CDを買わない、車を持たないなど「消費しない」若者が増えているといわれています。また若い世代が積極的にお金を使わないため、結果として消費が刺激されずに景気が良くならないなどの意見もよく耳にします。

 一方、若者からは「収入が減っているし貯金が少ないため仕方がない」「お金がないから使わないのだ」というような反論もあります。

 しかし上記の記事からは、50歳以上の中高年の中でも特に富裕層の人たちがお金を貯め込んで使わないため、若者にお金が回らないという現実がうかがえます。仮に個人金融資産の10%、150兆円が市場に出回れば、日本の経済状況は激変するとも言われています。
 したがって、中高年に偏在する資産を市場に還流させる手段として、団塊世代向けに消費を伸ばしているゴルフやフィットネスクラブなどの分野以外にも、特に高齢者向けの魅力的なビジネスの展開が早急に望まれます。

 現在の日本では少子化・核家族化が進み、その一方で高齢者人口が急激に増加しています。その上、若者の趣向やニーズが変化してきて、以前とはお金の使い道が変わってきています。
 世界的な不況の影響に加え、若者をターゲットにしてきた既存市場では、その縮小していくパイの中で更にCDのセールスや居酒屋やクルマの売上げが落ちているという、憂慮すべき時代となっています。
 先日に発表されたキリンとサントリーの経営統合も、少子化の進行や若者のアルコール離れによる将来的な国内市場の縮小を見据えての判断であり、その意味では大企業同士の再編も当然の流れといえます。


 片や収入が少なく、貯蓄も少なく、住宅ローンなどの負債を抱え、子育てにお金がかかり、不景気の中で育ってきた世代。

 片や高度経済成長期やバブルを経験し、年金収入があり、住宅ローンの返済も終わり、子供は経済的に自立し、親からの資産相続や、退職金を期待できる世代。

 まもなく超高齢化社会を迎える日本は「資産のない若年層」が「資産を持つ高齢者」を支えていく社会になるのでしょうか。
 また、高齢者の金融資産を市場に流通させるには、どんなサービスや商品が高齢者のニーズや嗜好にマッチするのでしょうか。


 実際には、統計データというのは抽出方法や計算式次第で印象が変わる「数字のマジック」的な面があるので、一概にすべての高齢者がお金に恵まれているわけではありません。中高年の間にも資産を「持つ者」と「持たざる者」の差が存在しますし、逆に若くして成功し高収入を得ている人たちもいます。

 冒頭のニュース記事の取材元の情報サイト『Garbagenews.com』の記事では、そのあたりに留意して世代間格差と資産偏重の問題が言及されています。

年齢階層別の金融資産保有割合をグラフ化してみる
高齢者の貯蓄現在高の世帯分布をグラフ化してみる

 またブログ『Chikirinの日記(http://d.hatena.ne.jp/Chikirin)』さんでは高齢者向けのサービスや商品について考察されています。

個人金融資産の年代分布
市場としての“支出”と“貯蓄”


 それにしても、昨今のテレビや新聞の報道姿勢やニュースの取り上げ方を見ていると、高齢者寄りの視点に偏重しているように感じます。
 後期高齢者医療制度の見直しや消費税引き上げの時期などは、難題を先送りしているだけであって、そのしわ寄せは近い将来必ず若い世代とその子供達にかかってきます。

 しかし残念ながら今の世論を形成しているのは、主に中高齢者にあたる人たちです。国会議員や企業の役員など、重要事項の決定機関は団塊世代の50歳以降の人間が圧倒的に多く、それはすなわち今自分たちの世代で積極的に解決することを望まない層が主導権をもっているということです。

 今回の解散総選挙では、政権交代もあり得る、まさにこれからの日本の趨勢を占う選挙になりそうですが、各々の政党や候補者のマニフェストがいったい誰に向けられて、どの世代が負担するのか、それを若い世代の人たちが見極め、投票に行かなければ、若年層が搾取され続ける構図はこの先も変わらないでしょう。
[個人金融資産 50歳以上の世代が8割を占める]の続きを読む
『明日死んでしまうかのように生きろ。永遠に生きるかのように学べ』…ガンジー

いつ死んでも後悔のないように充実した人生を歩め、死ぬ直前まで自分のキャパシティーを高める努力を怠るな、ということですね。
不摂生をして「自分は早死にする」と公言しているような人が案外長く生きられたり、逆にいつも健康管理に気を配っていて長生きしそうな人が、現実にはそうでなかったりするものです。
いずれにせよ、この世に生を受けた以上、己の信じる道を邁(まい)進して、生きている間に自分しかできない仕事を成し遂げたいですね。


『他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。
しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。』…ラポック


「元旦に今年の抱負を誓ったはずなのに、気付いたら今年一年もまた何もしなかった」ということはありませんか?
私は毎月末に自分の行動の棚卸しをするようにしています。スキルアップやチャレンジしたこと、読んだ本、培った人脈…
ひと月ごとに具体的な到達目標を設定して取り組むと、無為に過しがちな日々を無駄にしませんし、一年たって振り返ると、もがき苦しみながらも成長してきた自分の歩みが実感できます。
計画力や行動力、実行力は仕事やプライベート等すべてにおいて応用できるスキルなので、日頃からそうしたやり方で自分自身と向き合うことで、極限まで高めておきたいと思っています。
自己管理の苦手な人は、はじめはフランクリン・プランナーなどの手帳型ツールを試してみるのもいいでしょう。

フランクリン・プランナー【 トライアルセット 】


『人を憎んでる暇なんてない。わしには、そんな暇はない。』…映画『生きる』より

人を憎んだり妬んだりしている暇があったら、自分を高めるベクトルに時間を費やしたいですね。
彼らの文句や職場の愚痴、他人に対する悪口ばかり聞いていると、いい加減うんざりします。
いつも周りの環境や他人のせいにして、真の原因は「変えよう」「変わろう」と行動を起こさないネガティブな自分自身にあることに気付いていないんでしょうか。

"勝手知ったる少ない仲間と 敵だ味方だと騒いでる"なんてB'zの歌詞にありましたが、ホントそういう人間関係ってくだらないと思います。


『人生の目的は、役に立つこと、責任を持つこと、思いやりを持つこと、値打ちのある人間、意味のある人間になること、自分が生きたことで、なんらかの違いを作り出すことだと思う』…レオ・ロステン

誰がやってもそこそこできる仕事、代わりのきく仕事に打ち込むよりも、自分にしか出来ないこと、社会への貢献につながる仕事に全身全霊をかけてトライしていきたいですね。

『タフでなければ生きて行けない。優しくなれなければ生きている資格がない』 …フィリップ・マーロウ

レイモンド・チャンドラー「プレイバック」から。
いつもピリピリして、嫁や子供に当たったり、部下に怒鳴り散らしている人っていますよね?
優しさとは、(自分とは異なる)他人を許容できる懐の深さだと思います。
要は心の余裕の問題です。

まあ、ハードボイルド小説のセリフにこんな注釈?を入れるのはヤボですが(苦笑)


『誰もが自分自身の視野の限界を世界の限界だと思い込んでいる。』…ショーペンハウエル

私は常に自分の限界を自分で作らないように心掛けています。
たとえ他人には出来なくても自分には出来る、そう思い込むことが大切です。
「できない」という自己暗示が一番怖いですからね。自らの思考が自らの行動を制限してしまうんです。
また逆に、スマイルズの名著『自助論(西国立志編)』にもありましたが、人間の意志の力というものはとてつもないことを成し遂げれるんです。

私は自らの意思の力だけで、わずか1日で禁煙に成功した時にそのことを悟りました。
その後、小さいながらも自分で会社を作ったり、NPOを設立したりできたのも、人間の意志の力と思考の可能性に気付けたおかげだと思っています。

自助論〔改訂新版〕

【関連記事】
心に響く名言集から 2
[心に響く名言集から]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。