英語・英会話

ここでは、「英語・英会話」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
americanrhetoric.com

最近ハマってる、英語のスピーチばかりを集めたサイトです。
当時の映像や音声はもちろん、スクリプト(テキスト)もあるので、英語のディクテーションにも使えます。有名どころのスピーチなら、ネットで検索すれば日本語訳も簡単に見つかります。古くはキング牧師の"I have a dream"とかケネディ大統領の就任演説、最近では2004年のオバマ氏の有名な民主党全国党大会基調演説とか、かなりグッときますよ!本当に自分達の国と国民のことを考えている政治家の演説というのは、魂が揺さぶられますね。

政権の維持ばかり考えている政党や、何事も他人事のような話しぶりのわが国の首相の言葉には、国の指導者として何の魅力も感じませんが…

ちなみに今日においてもアメリカで支持されている、評価の高いスピーチTop10は、
1. Martin Luther King, Jr. "I Have A Dream"
2. John Fitzgerald Kennedy “Inaugural Address”
3. Franklin Delano Roosevelt “First Inaugural Address”
4. Franklin Delano Roosevelt “Pearl Harbor Address to the Nation”
5. Barbara Charline Jordan “1976 DNC Keynote Address”
6. Richard Milhous Nixon "Checkers"
7. Malcolm X "The Ballot or the Bullet"
8. Ronald Wilson Reagan “Shuttle ''Challenger'' Disaster Address
9. John Fitzgerald Kennedy “Houston Ministerial Association Speech10”
10. Lyndon Baines Johnson "We Shall Overcome"

人種差別の撤廃と各人種の協和をうたった黒人のキング牧師の演説が、ケネディやルーズベルトを押しのけて1位というのはなかなか興味深いです。演説冒頭の"Five score years ago,"の意味がわからなかったのですが、scoreには20との意味があるそうで、100年前のことを指すんですね。勉強になりました。

iPodなどのデジタルMP3プレイヤーにファイルを落として聞けば、どこでも珠玉の英語スピーチが楽しめますよ。
[American Rhetoric]の続きを読む
スポンサーサイト
毎月1回(原則第三日曜日らしい)夕方4時からテレビ東京系列で放送している『日高義樹のワシントン・レポート』がおもしろいです。

国際政治ジャーナリストで、現在は「ハドソン研究所」の主席研究員でもある日高義樹氏が、毎回世界各国の要人と対談するインタビュー番組です。

対談は英語で行われていますが比較的わかり易い英語で、いいヒヤリングの勉強になります。とはいえ、私はまだ日本語の字幕スーパーに頼ってしまいますが(笑)

日高氏の英語は日本人特有の訛りのある発音で、また文法的にも間違いが多いのですが、それでも世界のVIP達を相手に一歩も引かないその仕事ぶりに勇気付けられます(笑)。

自分ももっとビジネス英会話力を身に付け、海外の顧客とメールや文書によるやり取りではなく、直接会話による大きな取引を手がけていきたいところです。
[日高義樹のワシントン・レポート]の続きを読む
ここ数年社会問題にもなっている日本語の乱れ。
例えば、よく飲食店などで耳にする「…以上でよろしかったでしょうか?」という言い方などは、マスコミなどでもしばしば指摘されています。ちなみに日本語としての正しい表現は「よろしいでしょうか」です。

ところが最近、英会話スクールのクラスメイトから借りた大西泰斗氏の『ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力』を読んでいてふとあることに気付きました。
大西氏は著書の中で「英語は時間の距離感を巧みに使って相手に丁寧な語感を伝える」と述べています。



例えば助動詞を見てみると、
Will(Can) you ではなく
Would(Could) you open the window?(窓を開けていただけますか?)
と過去形にすることによって丁寧な表現になります。

直訳すれば、
「窓を開けていただく意思がおありだったでしょうか?(窓を開けていただけませんでしたでしょうか?)」
「窓を開けていただくことは可能だったでしょうか?」

英語圏の人々にとって丁寧さの本質とは表現に時間の距離をとること、つまり過去形を使うことにある訳です。

I hoped you would help me.(お手伝い願えるとよかったのですが?)
How many days did you wish to stay, sir?(何泊のご予定でございましたでしょうか?)
How many tickets did you want?(何枚ご所望でしたでしょうか?)

すでに日本では、外来語であるカタカナ英語が日本語として広く普及しています。とすれば、過去の距離感を巧みに使う英語の丁寧表現の感覚が、違和感なく日本に定着する日が来るのかもしれませんね。
[日本語の乱れと英語の丁寧表現]の続きを読む
YouTubeでよく見るジャンルの動画といえばカードマジック系とペット&動物系で、いつも娘と一緒に楽しんでます。

あと英語の学習用にもYouTubeを利用しています。

Yahoo!ポッドキャスト」も試してみたんですが、こちらは音声のみで、しかもiPod以外のプレイヤーとは相性が悪いので利用しなくなりました。

MP3プレイヤーを英語学習目的で使い倒していると、A-Bリピートの多用や巻き戻し、頭出しで操作キーを酷使するため、消耗品感覚で買い換えています。だから、iPodは欲しいんですが高くてそんな用途にはもったいないんですよね。

ちなみにMP3プレイヤーには、英語教材のベストセラー「DUO3.0」の基礎用と復習用CDなどを入れています。

英語学習初心者の方に特におすすめしたいのが、YouTubeにアップされている「NARUTO」「ONE PEACE」などの日本のアニメです。日本語音声に英語の字幕が付いてるので、「ああ、英語ではこんな言い回しをするんだな」と楽しみながら英語表現を学ぶことができますよ。

私の場合は仕事用にWillcomのW-ZERO3[es]を常に持ち歩いており、変換ソフトを使ってYouTube動画をSDカードに保存しておき、移動時間中や空き時間にチェックしています。ただ変換させるのが少し手間なんですよね。

もちろんiPodや携帯など、YouTubeの動画再生が可能な機種は他にもあります。

特にワンセグ内臓のケータイなどをお持ちの方なら、NHKの「英会話」シリーズや「英語でしゃべらナイト」などもそのまま携帯に録画して、通勤・通学途中などを利用して勉強にフル活用できますよね。

うらやましいです。
[YouTubeで英語学習]の続きを読む
いつも英会話スクールから英字新聞の『The Japan times 週刊ST』を借りて通勤中に読んでいるのですが、先日気になる記事を見つけました。

"Japanese come top in blogging"という見出しです。最近ブログやmixiを始めた身としては気になる内容。

以下、記事より一部翻訳。

"日本語でのブログ投稿数が英語を上回って世界一だという。人口やブログ利用者数という点では英語話者にはるかに及ばない日本語話者だが、投稿数が多いのはなぜだろうか?"

…うーん、読めたぞ。日本人のブログは、たわいもない世間話のような話題が中心だからってオチかな?

○人口比からすると驚異的なブログ数

"日本語のブログより、英語のブログの数の方が5倍多い。しかし投稿数では日本語のブログの方が上回る。その理由は両者のブログの質の違いによる。
日本人のブログは政治や経済の問題、強い言葉や意見を避け、自分のスキルを自慢することを嫌がる。毎日のたわいもない日常生活について書くのを好む。ペットや趣味、食べた物や買い物、テレビ番組について。しかも匿名で。
対照的に、アメリカ人は自分自身の考えや意見を主張する。
日本では自分をアピールするよりも、人に受け入れられることを望む。
"

…あいたた、やっぱり。改めて指摘されると、民族の精神的な成熟度を言われているようで日本人として耳が痛いです。
確かに、難しい話題ばかりだと日本では読んでもらえないし、コメントもつかないですからね(苦笑)
僕のブログやmixiでも数回に1回の割合で、ライトな訪問者向けに話題を変えてますし。

"日本人ブロガーの投稿数が増えた背景には、インターネットに接続できる携帯電話の普及がある。"

○ブログを書く目的の違い

"英語ブロガーの40%近くが、ブログを書く目的は興味のある分野で相手と積極的に意見を交わし、世間からの認知度を上げることと答えている。日本人ではそれは5%に過ぎない。
また、英語ブロガーは自分で選んだ情報やそれらに対しての思考を書き留める目的でブログを利用する。
"

"では、日本人はなぜそうではないのか。
ネット評論家の伊藤氏によると、長い間日本人にとって日記とは学校の夏休みの宿題で強制的に書かされる義務であった。
その習慣が根強く残っているので、日記がブログに変わってもアメリカの積極的なスタイルに比べて、日本人のブログは極めて個人的で当たり障りのない内容なのではないか。"

…ちょっと強引じゃない?ネット評論家の伊藤さん(笑)
ブログやmixiって、みんな書きたいから書いてるんじゃないの?いまだに義務で書かされているみたいな論説ですよね。

でも日本人って、みんなが、友達が書いてるから、ボクも、アタシも参加してなんか書かなきゃ、っていうノリなのかな?
…世も末です(^_^;)

中学生や高校生ならそれでいいでしょうけど、ハタチ超えた大人がそれをやっちゃイカン。

"日本は裕福な国である。ほとんどの家庭にPCがあり、ブロードバンドが普及し、携帯電話はネットに接続できる。それらが日本のブログブームの要因だ。
また電車での長い通学・通勤時間は日本の特色で、日本人ブロガーの約40%がそれらの時間に投稿している。"

…なるほど、こういう切り口で来ましたか。この辺は素直に読めます。

"アメリカでも無線LANが普及しネット接続できる携帯電話が増えれば、日本のようなスタイルに変化するだろう。
日本のように常に記事を投稿できる環境が整えば、短くてもっと頻繁なブログの投稿が行われるはずだ。
そしてアメリカでも、政治について言及したり自分の意見を主張するような内容よりも、動物や子供や今日食べた昼食についての話題に変わっていくだろう。"

えぇーっ?それは子供や学生さん、もしくは語弊があるかも知れませんが一部の専業主婦の方に限っての話でしょう。

僕はあくまでブログを書く環境の違いのせいではなく、自分が何を書きたいかだと思いますけどね。

自分はいつも書きたい事を思いつくと、携帯のメールに書き溜めて一度未送信のまま保存しておきます。それなら電車の中でも出先でも書けますからね。だから僕の携帯の未送信フォルダの中は書きかけのネタだらけになってます(笑)

そして後の展開を考えたり文章を推敲したりして、ある程度仕上がったら一旦PCに送信します。

携帯電話のちっちゃい画面で書いた文章って、どうしても短かかったり改行が多かったりしてみすぼらしいですから。

そしてパソコンの画面でバランスを見て修正後、各サイトにアップします。

※以下は僕が他で書いてたネタですが、内容が少し被ってるので一緒に書いておきます。

--------

■mixiやブログに広がる格差

他人に見てもらうのが前提のブログは、自分を売り込むための強力なプロモーションツールです。

それが個人の日記と決定的に違うところです。

利用しない手はありません。

自分の思考や意見を毎日アウトプットする作業は、自分の表現力を高めるための非常に重要な訓練であり、ブログはそのための手段です。

例えば、毎日mixiやブログを書く人と、それらを読むだけの人。

数ヵ月後、両者には大きな差が開いているでしょう。

そのことを理解しているか。意識しているか。

書く事がない、伝える事がない、主張する事がない、という人には、携帯メールで思いついた事をメモする方法を是非お勧めします。

--------

いやー、自分にとってはタイムリーな記事でした。
今後も見てくれる人に有益な情報を発信していきたい、と自分自身改めて思いました。

あと、すみません。
Japan Times、2週間ほど借りっぱなしです。

ヘンリーに怒られる(^_^;)
[世界一のブログ大国?日本]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。