雑感

ここでは、「雑感」 に関する記事を紹介しています。

生命保険の更新時期が近づいたので、これを機会に十年来入っていた保障を見直しました。

今回加入したのは、ライフネット生命保険の「かぞくへの保険(定期死亡保険)」「働く人への保険(就業不能保険)」「じぶんへの保険(終身医療保険)」です。シンプルな保障内容と安価な保険料は、保険と貯蓄をうまく切り離すには最適です。

ライフネット生命創業者の出口治明社長は国内最大手日本生命の出身です。
従来の国内生保が抱えているレガシーな、負の資産(逆ざやや超長期契約、営業職員の人件費、高コスト販売網など)を引きずる構造的な問題点を解決できる、掛け捨て型定期保険のネット販売を中心とした、わかりやすい保険商品を扱う画期的な会社を目指されています。
私も以前生命保険業界にいたので、この業界で変革をもたらすのがどんなに大変か想像できますし(現に保険料の「原価」の開示は業界内で物議を醸しました)、「保険の原点に戻り、安価でわかりやすく便利な商品・サービスを供給する」という出口氏の理念には非常に共感できます。

多くの保険契約者を悩ませてきた加入・支払手続き時の煩雑さ、保険商品の複雑さ、特約の支払事由のわかりにくさを、特約を撤廃したシンプルな保障内容を平易な言葉で説明することで解消し、またインターネット上で契約内容を一元管理することによって、契約者の利便と営業所維持費や人件費などの固定費のコスト削減を図っておられます。

その他契約者のメリットでいうと、驚いたのが契約印(ハンコ)が不要という点です。私がこの業界にいた頃には到底考えられませんでした。(印鑑不要で契約申込みができる生保は、2010年11月現在、SBIアクサ生命とライフネット生命の2社だけですが、日本生命も2012年1月より同システムを導入するようです。)

もちろん、今まで長年加入していた某国内生保の定期保険付介護保険の保障内容も優れており満足していたのですが、営業職員の方からの転換(※)の勧めが少し煩わしく感じるときがありました。その点、ライフネット生命の保険には終身保険にあたるような貯蓄部分がなく、またネット販売なので、従来のような営業職員からの新商品の案内や転換の勧誘からも解放されました。
(※ 転換とは、加入している保険の貯蓄部分を原資に充てて新しい保険に乗り換えること。一概に契約者にとって不利とは言えないが予定利率が下がる等のデメリットもある)

元生保業界に携わった身として、面識のない営業職員から個人的な家族構成や健康状態により勝手に算出された保険提案プランを、書留でもない郵送で送られてくる状況は、個人情報取り扱いの観点からも見直されるべきだと思います。個人情報満載の分厚い保険設計書をひとつひとつシュレッダーで裁断しながらそう感じました。

国内生保の万全で充実した死亡・介護・医療保障はもちろん魅力です。
しかし、政治的にも経済的にも先行きの不透明な現代の日本では、本当に必要な保障だけを保険で確保し、あとは将来必要な出費に備えて出来るかぎり貯蓄へ回すことが重要です。働き盛りの家庭では特に、死亡リスクに対する備えとして生命保険は必要ですが、それ以上に重要なのは「生存リスク」で、例えば子供の進学費や老後の生活保障に対しては継続的かつ計画的な貯蓄や投資しかありません。

今は各社の保険内容や経営状態など、個人が保険加入に必要な多くの知識や情報は、雑誌やネット上で入手し比較・検討することができます。ですから出来るだけ営業職員任せにせず、自分と家族にとって最適な保険を「自分で考え、自分で選ぶ」ことが大切です。

また上記でもいくつか述べましたが、国内生保のビジネスモデルは過渡期を迎えています。

2005年施行の個人情報保護法をはじめ、共働きによる在宅率の低下、少子高齢化による保険加入対象者の減少、官公庁・学校・企業のセキュリティの強化による職団確保の問題など、ライフスタイルや社会の変化により、従来型の営業職員の販売チャネルに頼る手法は今後も相当厳しくなっていくと思われます。

各地の職業安定所の周辺には今なお、資料を抱えた生保各社の女性営業職員の方々が職を探しに訪れる女性を職員として勧誘されていますが、そのような営業手法を続ける限り国内生保勢の苦戦は必至でしょう。

余談ですが、松下電器(現・パナソニック)は高度成長期時代、日本中のあちこちに系列の「街の電気屋さん」ネットワークを作り、国内最大の販売網で他社を圧倒し一時代を築きました。その後量販店の時代が訪れ製品の流通・販売ルートが変化した時に、超優良だったはずのそれらの資産が逆に「足かせ」となり、量販店による販売ではしばらく苦戦を強いられました。 

生命保険業界において、時代のニーズにそぐわなくなりつつある営業所・訪問販売チャネルを、従来のまま維持し続けることは難しくなってきています。現状では、店舗維持費と人件費の両方の経費が、そのまま付加保険料として加入者が支払うコストに跳ね返ってきている訳です。前述のライフネット生命と比べると国内大手各社の付加保険料は実に5倍にもなります(参照:Wikipedia ライフネット生命保険

生命保険は基本的に一生を通じて必要となるものです。
しかしその契約内容においては、過去10年間にベストだった保険商品が次の10年、20年でもそうだとは限りません。
健康状態によって新たな保険の加入は困難になりますので、健康な内に、思い立った時が保障を見直す吉日です。

「必要な保障を、必要な時期に、必要な人間に、必要な分だけ」

まだまだ生命保険については書き足りないことがありますが、またの機会にします。


以下は個人的補足として、

将来的に海外移住も視野に入れているので、医療保険については、海外での入院では支払われないライフネット生命の「じぶんへの保険」から、支払事由になるアフラック(アメリカンファミリー生命)の「新EVER」への変更を新たに検討中です。掛け捨てタイプの医療保険は、本人が健康な限り必要に応じて見直せるため、年齢による保険料アップさえ納得できれば精神的にも楽です。
ただ社会保障として公的な医療制度が整備されていない国、例えばオバマ政権の医療制度改革前のアメリカの場合、盲腸の手術で1日入院して約194万円(ロサンゼルス)請求されたりします。そうなれば1入院1万円程度の日本の保障内容ではとても足りないので、海外で別途保険に入る必要がありますね。
[生命保険を自己責任で選ぶ時代]の続きを読む
2011年10月30日に行われる「大阪マラソン」のプレイベントとして、ほぼ1年前にあたる本日行われた「大阪城ファミリーラン」に妻と娘と共に参加しました。

大阪城ファミリーラン1

大阪府の橋本知事や平松大阪市長、落語家の月亭八光さんらが来られ、抽選で選ばれた約800名の参加者と一緒に汗を流されました。
知事や市長と握手をしたり、八光さんと写真を撮っていただいたり、アットホームな雰囲気で楽しむことができて楽しい一日になりました。

大阪城ファミリーラン2

来年の本番では、大阪城公園をスタートし、御堂筋、道頓堀、中之島、大阪市中央公会堂や京セラドーム大阪、通天閣周辺、南港周辺などを経てインテックス大阪までの魅力的なコースになるようです。
今のところ42.195kmのフルマラソンしか用意されないようですが、老若男女問わず幅広いランナーが気軽に参加できるように、ぜひファミリー用など別コースの設置も要望します。
また来年以降には、大阪以外にも京都や神戸でも市民参加型フルマラソンの開催が予定されています。関西の各都市の魅力を十分感じられるイベントにしてもらいたいですね。

我が家では今年に入って2月の「神戸バレンタインデー・ラブラン」、4月の「伊勢・志摩ロードパーティ ハーフマラソン」に続き、これで3レース目の出場です。すべてファミリーコースですが(笑)

当日、現地で配られた読売新聞号外に私たち家族の姿が写っていました。
[大阪城ファミリーラン参加]の続きを読む
我が街にもようやく図書館のインターネット検索システムが導入されたので、さっそく利用手続きを済ませてきました。

窓口で貸出券番号とパスワードを設定するだけで、市内の各図書館にまたがる蔵書検索や貸出予約などがネット上から利用できるようになり、飛躍的に便利になりました。

図書館をうまく利用できれば、自宅の本や雑誌類をむやみに増やさずに済みますし、毎月の書籍代を抑えることもできます。
すぐに手に入れたい本はアマゾン楽天ブックス、あるいはヤフオクで購入し、ちょっとした資料など手元に残しておく必要がないものは図書館で借りれば十分事足ります。必要に応じて再度借りることもできますし。
また最近ではCDやDVD、漫画や雑誌、児童本なども貸出利用できるので家族で重宝します。

ただ、検索や予約が容易になった分、当然利用者や利用回数は増えており、蔵書数と貸出期間の関係上待たされることもあります。

ともあれ、地域における市民サービスの一環として膨大な知識や情報が無料で利用できる図書館の果たす役割は大きいですし、ネット上での蔵書検索・予約や最寄駅での受取りなどのインフラが整うのは利用者にとって大歓迎です。

早速、「考える技術・書く技術」「ブルー・オーシャン戦略」「経営学」「イノベーションのジレンマ」「サッカーの見方は1日で変えられる」「AERA English」「TOEICテスト新公式問題集」「ウォール街のランダム・ウォーカー 株式投資の不滅の真理」「チョコレートの真実」「もしドラ」などをネットで貸出予約しておきました。

ネット検索や予約を使えば、わざわざ図書館に足を運んでも貸出中などといった「時間損失」を防げるので、積極的に活用しない手はありません。
行政には今回のような市民生活の向上に直結するサービスをこれからも期待します。


ちなみに私の場合、読みたい本は「Evernote」にメモしておき、読み終えると印象に残った内容を書きとめ、次に、考えさせられたことや自分の生活にフィードバックさせたいことを記すようにしています。

どれだけ優れた本に巡り合っても、読後に自分が変わらなければ(もしくは実行できなければ)意味がないですから。


余談ですが、MBA理論の中に「選択と集中」という概念があります。「トレードオフ(やらないことを決める)」と同じく、有限である資源や時間をターゲットを定めて集中させることで最大の成果を得る方法です。

ある仕事の立ち上げに専念するため、しばらく意図的に勉強の時間を取らなかったので、せっかく身に付いていた「勉強ぐせ」が消えてしまいました。最近ようやく資格取得等の勉強を再開させたのですが、以前より集中力が落ちており、思うようにはかどらないのが苦痛で苦痛で(笑)、感覚を取り戻すまでしばらく苦戦しそうです。

【関連記事】
ブックオフの意外な利用法「せどり」?
[図書館の有効活用]の続きを読む
いやー、修羅場な忙しさでした。
口先ばかりで、すぐに諦めて職務放棄する人たちには参りました。
正念場に直面したなら、己のギヤを数段上げて獅子奮迅のごとく対応しなければなりません。
自分たちの提案が却下されても、最終的にクライアントの決めた案なら全力を尽くす。それがプロとしての責任でしょう。

「絶対無理だと思って…」「あのやり方はどうかと思う…」

泣き言も言い訳も必要なし!
ああいう局面では理屈っぽさはいらん、ただただ現場で体張れよ!って思いました。
[ある日のつぶやき]の続きを読む
iPhone 4

妻の携帯が契約から2年経過し、そろそろ傷んできたため、iPhone 4に機種変更しました。
オンラインショップにて6月26日に申し込みを済ませ、7月10日には無事入手できました。

例のiPhone 4の電波感度については、原因とされるフレーム左下の切り込みを手で覆ってみましたが、特に不具合は感じませんでした。革新的なものに対するマスコミ主導の過剰なまでの拒否反応も少しあるのかもしれません。

まあ、騒ぎの発端である米国のAT&T社に比べれば、ソフトバンクの3Gの電波感度はまだ良好ですからね。

広大な国土を有するアメリカや中国より、国土の狭い日本や韓国の3G通信やブロードバンド網が整備されているのは、ブロードバンドの普及においては逆に国土の狭さがイニシアチブになっているからです。単純に対象サービスエリアが広いと、インフラの整備に膨大な労力とコストがかかり、そのまま利用料金にも跳ね返ってきます。

ちなみに、iPhone 4の電波問題は当然アップル社の責任なんですが、ドコモやAUと比べてつながりにくいとされるソフトバンクの電波感度については、その周波数帯に原因があります。

800Mhz: 通信速度は低速だが遮蔽物の影響を受けにくい 
2Ghz: 通信速度は高速だが遮蔽物の影響を受けやすい 

共に旧電電公社系であるドコモとAUには800Mhzと2Ghzの両方の周波数帯が割り当てられていますが、ソフトバンクが使用できるのは2Ghzのみです。ドコモやAUと同じ通話品質をユーザーに提供するのに、理論上は数倍の基地局設置が必要な訳です。

ハンデを背負いながらも、果敢に両巨頭に挑んできたソフトバンクの企業努力と姿勢は、個人的には応援したくなります。ヤフーBB代理店の強引な商法など、過去に企業モラルが取り立たされましたが、今のソフトバンクグループの改革スピードには目を見張るものがあります。ソフトバンクの参入がなければ、日本の携帯の料金体系もここまで安くならなかったでしょう。

Twitterでの巧妙なパフォーマンスでも垣間見える、孫社長の卓越したリーダーシップとビジネスセンスですが、壮大な野心のある人って敵(アンチ)も多いんですよね。

「光の道」構想やTwitterを通じて、孫社長は総務省の原口大臣と独自のパイプを築いたようですが、それをどのように活かしていくのかが見ものです。

さて、iPhone 4の話からずいぶん外れてしまいました(汗)

iPhoneは英会話や辞書、新聞などの教養系アプリが充実してるのが良いですね。あれこれ持ち歩かなくて済みます。マルチタスク機能は、これからSkypeアプリなどが対応してくれば飛躍的に便利になるでしょう。

また妻の目を盗んでいじり倒してから、ちゃんとレビューします(笑)

私の場合は、PCのモデムになるテザリング機能、ハードキーボード、チルトアップする液晶画面が手放しがたいので、イーモバイルのEMONSTER(S11HT)とソフトバンクの古い携帯をまだしばらく使い続けるつもりです。
EMONSTER(S11HT)

【関連記事】
ドコモからソフトバンクへ
EeePCとマクドナルドでモバイルオフィスを構築
[iPhone 4に機種変更]の続きを読む